恋って何だろ?

今日、うららちゃんとこのみちゃんとお喋りしてたら、
好きな男の子の話になったの。

だから、こなつは純君って答えたんだけど、
そうしたらふたりともビックリした顔しちゃって、
「こなつちゃんって大胆なんだね」とか
「そんなハッキリ言えて羨ましい」とか言われちゃった。

どうして?
だって、好きな人を好きって言っただけだよ?

だから、純君はちょっと意地悪だけど、本当は優しいし、面白いし、
一緒にいて楽しいお友達だもん。
って言ったら、そういう意味じゃないよ、
男の子として好きな人の話だよって笑われちゃった。

変なの、じゃあどこも間違ってないのに、
純君は大好きな男の子のお友達なんだから、あってるよね?
だけどなんだかふたりの話を聞いてると、それもちょっと違うみたい。

恋とか恋愛とか恋人とか、そんな言葉がいっぱい出てきてチンプンカンプン。

恋って何?
恋人って何?
それって何か特別なもの?

ん〜、よくわかんない、考えてもわかんないものは考えるだけ無駄だもん、
だから考えるのや〜めた。

だって、そんな事でうんうん唸ってたら頭が痛くなっちゃうだけだから、
そうしたらまたいつもみたいに記憶が無くなっちゃう。

そうなんだよね、いっつもそう。

嫌な事とか痛い事が起きたら、こなつって暫く記憶がないの。

もう慣れっこだから良いけど、やっぱり記憶のない時間は気になっちゃう。

もしかしたら、もの凄く楽しい事があったかもしれないって思うと、
なんだか損をした気分になっちゃうもの。

そんなの絶対もったいない。

だから頭の痛くなる事は考えないの。

だから、恋なんて知らなくていいよ。